タイ佛教修学記

眠気

2020/12/2    

  瞑想修行のなかで、最も苦しかったことのひとつ・・・   私にとっては、「眠気」でした。     何が苦痛なのかということは、人によって異なるかと思います。 ...

変わりつつある現代の出家生活

2020/12/2    

    タイの出家生活は、今、大きく変わりつつあります。   私は、そのように感じました。   発展が著しいタイ。   日本と同様、日々、目まぐるしく ...

形は心を育てる

2020/12/2    

  タイでは、出家をしたその瞬間から周囲の者たちから、その出家者は一人前の「比丘」であると見なされます。   ですから、まるで何年も比丘をやっているベテラン比丘であるかのような“凛 ...

善いきっかけを作る

2020/12/2    

  ある森の瞑想修行寺での出来事でした。   「先生は、悟っているのですか?」   ある人がこのような質問をしました。   森の修行寺の住職であり、高名な瞑想指 ...

業というものがあるのなら・・・

2020/12/2    

  【業】身・口・意の所作(動作・行為全般のことをさす)を業と名づけ、未来に果(結果)を招く因(原因)なりとする。 (宇井伯壽『佛教辞典』 より引用・一部編集)     ...

仏教的な生き方

2020/12/2    

  還俗後、出家時代にとてもお世話になった比丘仲間を訪ねました。   帰国の挨拶をするために。   久々の再会です。   その彼も、すでに還俗をしていました。 ...

徹夜の瞑想

2020/12/2    

  タイのお寺ではよく数日間の合宿瞑想会や、徹夜の瞑想会が行われます。   出家者だけではなくて、一般の参拝者であっても気軽に参加できます。   合宿瞑想会の最終日やワン ...

人間・ブッダと出会う

2020/12/2    

  日本で「ブッダ」が語られる機会は、とても少ないです。   日本の仏教は、宗祖仏教ですとか、宗派仏教だとよく言われます。   各宗派の宗祖の「声」は、しっかりと耳をすま ...

チェンマイの下町のお寺にて

2020/12/2    

  タイ北部・チェンマイにある落ち着いた下町の小さなお寺。   私は、このお寺でタイ語を学びました。     住職と若い比丘たちが止住する小さなお寺。 &nbs ...

タイの小僧さんたちとともに

2020/12/2    

  タイでは、未成年の見習いのお坊さんのことを「サーマネーン」と呼びます。   日本語では、沙弥(しゃみ)と言います。     私は、まず、見習いのお坊さんであ ...

Copyright© 伊藤允一(いとうまさかず)公式サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.