タイ佛教修学記

人間の可能性を開くタイで学んだ瞑想の教え

2021/2/23    

タイの小学校や中学校では、学校行事として瞑想したり、お寺のお坊さんを招いて仏教の授業を受けたりすることがあります。   逆にお寺へ行って瞑想をしたり、お坊さんのお話を聞いたりすることもありま ...

最善を生きる ~今できることを実践する~

2021/2/23    

  北タイの山奥にある 小さな森のお寺で出家をした私は、 タイ語を学ぶためにチェンマイ市内の とあるお寺へと移りました。   森のお寺というのは、 修行のためのお寺であり、 他者と ...

私が至った結論

2021/2/23    

  私は、眠らずに瞑想する修行や断食しながら瞑想する修行の実践が終わったあとも、長らくその森の修行寺で過ごしました。   ある時、アチャン(先生)の“お付き”として、バンコクの信者 ...

激しい修行を実践すれば、きっと・・・

2021/2/23    

  激しい修行をすれば、きっと何かが得られるに違いない。   どうしても、このような思いを抱いてしまいがちなのですが、実は、そうではないと断言させていただきます。   & ...

修行か?それとも苦行か?

2021/2/23    

  タイの森の修行寺での瞑想修行は、全てが自分次第です。   「こういう結果でした」「このような状況です」と、先生に報告をすれば、先生はただ「うむ、なるほど」「ああ、そうですか」な ...

『タイ佛教修学記』のご案内

2021/2/15    

  長らくご愛読いただいています『タイ佛教修学記』は、おおむね10日一度という、ゆっくりとした頻度ですが、更新を継続しています。     『タイ佛教修学記』の記事の中で、 ...

タイで出会ったある少年僧

2021/2/15    

  タイのお寺には、多くのサーマネーンたちがいます。   サーマネーンというのは、見習い僧のことで、未成年の出家者、つまり少年僧のことです。   彼らは学業を終えると(そ ...

どこへ行っても煩悩の国

2021/2/15    

  なぜか、タイのお坊さんたちの顔は、実にすがすがしくて、実に晴々としているように見えます。   この清々しさは、一体どこから来るのか不思議にさえ思います。   &nbs ...

煩悩の国へ帰る

2021/2/15    

    煩悩の国へ帰る・・・   いよいよ還俗してお寺を去るという日が近づいてきたある日。     お世話になった先輩のお坊さんやその友人のお坊さんた ...

不安な時や心配な時だからこそ瞑想を

2021/2/17    

  不安な時や心配な時。   どうしようもなく心が乱れた時やどうしようもなく心が沈んだ時。     ・・・あなたは、一体どのようなことを考えて、何をしますか? ...

Copyright© 伊藤允一(いとうまさかず)公式サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.