新・タイ佛教修学記

手っ取り早く“結果”を求めない

2020年7月25日

 

私たちは、どうしても「即効性」を求めてしまいがちです。

 

 

早い、即効、手っ取り早い・・・瞑想に関しては、そのようなことはありません。

 

地道に、コツコツと、継続・・・これが、瞑想です。

 

 

さて、私が好きな言葉を紹介させていただきたいと思います。

 

それは、イチロー選手が語ったとされている言葉です。

 

 

『特別なことをするために、特別なことをするのではない。

 

特別なことをするために、普段どおりの当たり前のことをする。』

 

 

実は、この言葉は、とある本に引用されていたものなのですが、さまざまなところで紹介されている言葉のようですので、もしかすると、どこかで聞いたことがあるかもしれません。

 

 

瞑想に関しても、本当にこの一言に尽きるなと感じました。

 

私は、タイで瞑想を学んできましたが、タイの修行生活のなかでは、少し極端な修行を実践して、挫折してきた経験があります。

 

その挫折からは、瞑想修行からの「学び」を大切にする姿勢を育てるのではなくて、全てを否定してしまう姿勢しか生み出しませんでした。

 

 

この言葉を聞いた時、随分と気持ちが楽になったことを覚えています。

 

同時に、瞑想も全く同じで、私が導き出した答えとも一致するものだと感じたのです。

 

 

私は、「瞑想」についてお伝えをしています。

 

イチロー選手は、野球に関することをこの言葉で伝えています。

 

しかし、このイチロー選手の言葉は、どのような分野、どのような仕事、ありとあらゆることがらについて共通して言えることです。

 

何ひとつ変わりませんし、全く同じです。

 

 

最初から“結果”や”成果”を求めないこと。

 

手っ取り早く何かを得ようとは思わないこと。

 

 

すぐに結果が得られることなど何もありません。

 

早く結果を求めたい気持ちは、私の中にもあります。

 

ですから、そのような気持ちは、とてもよく理解ができます。

 

 

しかし、はじめから結果を求めるのではなく、まずは「継続」することから始めてみましょう。

 

 

今の自分に無理なくできることを、コツコツと実践していくことが何よりも大切であると思います。

 

結果を得たい、成果を得たいという気持ちがあればあるほど、大切にしなければならない姿勢です。

 

 

今の自分に越えることのできるハードルを越え続けていく。

 

今の自分にできることをやり続けていく。

 

 

一歩一歩確実に進んで行った先に成果があるのであって、結果があるのです。

 

イチロー選手の言葉で言うところの「特別なこと」があるのです。

 

 

『特別なことをするために、特別なことをするのではない。

 

特別なことをするために、普段どおりの当たり前のことをする。』

 

 

(『手っ取り早く“結果”を求めない』)

 

 

 

タイで“瞑想”修行

日本で“迷走”修行

 

タイの森のお寺で3年間出家

 

“瞑想”修行と“迷走”修行を経て

おだやかな人生へとたどり着くまでの

赤裸々ストーリーをお届けします

 

ご登録はこちら

(※登録無料・解除自由です。)

 

登録無料【こころの探究のはじまり】

 

 

-新・タイ佛教修学記
-

Copyright© 伊藤允一(いとうまさかず)公式サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.