新・タイ佛教修学記

私にできることを実践する

 

私にはできないことはやめておきますか?

 

私にはできないからやらないですか?

 

 

私にはできないから、何もやらないというのでは、何ひとつ変わることはありませんし、進歩もありません。

 

 

「私には無理だからできない」と考えるのではなくて、「私にできることを実践しよう」と考えてみるようにしませんか。

 

 

これは、私自身に対する自戒を込めた言葉でもあります。

 

 

今まで私は、「私には無理」、「私にはできない」、「私は能力のない人間だ」・・・このように思い込んできました。

 

しかし、「自分には無理だから、何もできない」、「自分にはできないから、何もしない」と考えていたのでは、この先の人生、何ひとつ変わることはありません。

 

現状のままでよいというのであれば、それはそれでいいことかと思いますが、もしも、現状の何かを変えたいと思うのであれば、どのような小さなことであってもいいので、あなたにできることを実践していくべきです。

 

 

人生は、小さな「選択」の積み重ねです。

 

瞬間、瞬間の選択です。

 

 

自分にできないことはできないことで、ひとまず置いておけばよいのです。

 

しかし、何もできない私だけれども、何かできることはないかな?と、自分にできることを探す視点を持つべきです。

 

 

どのようなことでもいいのです。

 

ほんの、ほんの小さなことでいいのです。

 

 

どんなに小さなことでもいいから、ほんの少しのことでもいいから、今の自分にできることを見つけて、取り組んでいくようにしましょう。

 

 

もしかすると、明日は何も変わらないかもしれません。

 

明後日も、何も変わっていないかもしれません。

 

 

しかし、1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後には少しだけ変わっているはずです。

 

そして、半年後、1年後には、自分でも驚くほど大きく変わっているはずです。

 

 

重ねて言います。

 

人生は、小さな選択の積み重ねです。

 

 

瞑想についても同じことが言えます。

 

瞑想は、とても地道です。

 

一時の落ち着きは得られるかもしれませんが、たった数回だけ、瞑想に取り組んだだけでは、何も変わりません。

 

 

なかなか続けられなくて苦労するかもしれません。

 

想い描いている通りには進まないかもしれません。

 

それでも、瞑想の実践を継続していけば、その本質を理解することできて、その効果を得ることができるものです。

 

 

毎日、毎日、実践していくなかで、少しずつ心は変化してきます。

 

自分では気づかないかもしれませんが、実践すれば、必ず変化します。

 

そして、本当の心の安らぎと心の落ち着きが得られます。

 

 

地道に、根気よく、継続することが一番の近道です。

 

あなたにできることの実践を積み重ねていきましょう。

 

 

(『私にできることを実践する』)

 

 

読むだけで心がおだやかになるメルマガ
『こころの探究のはじまり』

 

無料メルマガのご登録

 

 

-新・タイ佛教修学記
-

Copyright© 伊藤允一(いとうまさかず)公式サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.