新・タイ佛教修学記

善いきっかけを作る

2020年4月29日

 

ある森の瞑想修行寺での出来事でした。

 

「先生は、悟っているのですか?」

 

ある人がこのような質問をしました。

 

森の修行寺の住職であり、高名な瞑想指導者でもある方に対してです。

 

私は、この質問を聞いて少しばかり驚きました。

 

ある意味では、非常に真摯な質問であるのかもしれませんが、一方で非常に失礼な質問ではありませんか?

 

また、同時にとても私の興味をひいた質問でもありました。

 

どうしてかと言えば、一体、先生はどのように答えるのだろうかと大変気になる質問だったからです。

 

先生は、タイでは非常に高い境地に達しているそうだとか、さらには阿羅漢なのではないかなどと囁かれている程の人物です。

 

はたして、この質問に対してどのように答えるのだろうか・・・。

 

「悟っている」とでも答えるのだろうか。

 

もし、そのように答えたならば、それは本当なのだろうか、それとも嘘なのだろうか。

 

それとも、「悟っていない」と答えるのだろうか。

 

もし、そのように答えたならば、そのあとはどのように説明を続けるのだろうか。

 

瞑想指導者としての立場はどうなるのであろうか。

 

 

先生の横で、その質問を聞いていた私の脳裏に、そんなような疑問の数々が瞬時に浮かんできたのでした。

 

余談ではありますが、もしも、悟りを得ていない者が「悟りを得た」と妄語することは、戒律の上ではサンガから追放されることになっています。

 

再び出家することさえ許されない大罪であるとされています。

 

これは、瞑想や実践に重きを置く仏教サンガにとって、非常に大切な修行者の姿勢であるがゆえに、大罪とされています。

 

 

ゆえに、もしも「悟っている」という答えが嘘であったならば、それは大罪になります。

 

比丘であれば、そういったことは十分に承知しているはず・・・。

 

 

 

【参考】

1、淫を行う。・・・全ての性行為。
2、他人の所有物を盗む。・・・盗み。
3、自ら、もしくは他人をして、刀にて人を斬り、死にいたらしめる。・・・殺人。
4、禅那、解脱、三昧、四向四果の法を証悟せずして、すでに証悟したと妄語する。

・・・詳細は割愛しますが、つまりは、それぞれその境地に至っていないにもかかわらず、私はその境地に至ったのだと嘘をつくこと。

以上の4箇条のうち、いずれを犯しても波羅夷(はらい・上記4つの罪の総称)であり、その比丘はサンガより追放されて、比丘として住することはできない。

 

とあるように、この4箇条は、比丘が保つべき227の戒律のうち一番最初の冒頭に来る4箇条であり、最も罪が重い条項とされています。

 

※参考文献
佐々木教悟 『上座部仏教』 平楽寺書店 1986年 より引用・加筆

 

 

 

この質問に対して先生が答えました。

 

 

「私も悟っているわけではありません。

 

ただ、私は善いきっかけを作っているだけです。

 

瞑想することは、善いきっかけを作っているに過ぎません。

 

そして、善いきっかけを積み重ねているに過ぎません。

 

ただひたすらに善いきっかけを積み重ねているだけです。

 

その結果、善い方向へと向かっていくのであり、やがては悟りへと至り得るのです。」

 

 

というものでした。

 

私は、この答えに「なるほど!」と、思わず唸りました。

 

同時に高名な瞑想指導者の「悟っているわけではない」という答えに、多少の落胆を感じるとともに、安堵感というか、どこか私との親近感というか、あたたかな親しみを感じました。

 

さらにまた、「善いきっかけを作り、積み重ねる」という言葉に大変な感銘を受け、その後もずっと私の記憶に残ることとなりました。

 

そして、何度も何度もこの言葉を繰り返し吟味をしました。

 

 

瞑想とは、ひとつのトレーニングであるということは、他の記事の中でも書いていることですが、まさに「善いきっかけ」に他なりません。

 

瞬間瞬間の選択をより善きものにするための心のトレーニングです。

 

自己の行為、自己の言葉、自己の思考。

 

それらのひとつひとつの動きに気づき、より客観的に、より冷静に、よりおだやかにものごとを観ていくことを繰り返していくのです。

 

それが仏教の瞑想です。

 

 

 

「徳」を積むことも然りです。

 

「善いきっかけ」を重ねることです。

 

 

お寺へ足を運ぶ。
比丘へお布施をする。

仏法を学ぶ。
仏法を聴く。
仏法を実践する。

人の役に立つ。
人の喜びとなる。
人の安らぎとなる。

 

みんな善いきっかけとなることがらです。

 

 

あるタイ人が、誰かを手助けした時にも「これも“徳”だよ」と、とても爽快な笑顔で言った姿を思い出しました。

 

仏教とは関係のないことがらなのに「徳」だと言ったのには、少しばかりの違和感を感じました。

 

しかし、その「徳」とはこういう意味だったのかもしれないとふと気づかされました。

 

 

日本で、「徳」とは一体何か?ということを説明できる人はいるでしょうか。

 

ともすると、今や死語にも等しい言葉なのではないでしょうか。

 

仏教的な生き方や価値観が忘却されつつある昨今では、どのようにすることが徳を積む行為なのかすらも、現代人にとっては、すでにわからなくなっているように感じます。

 

 

タイでは、仏教という確かな物差しがあり、五戒という努力徳目があります。

 

それらに照らして、自己の行為を見つめて、自己に気づき、正していくのです。

 

そして、さらに大きく大きく広げてゆくのです。

 

 

日常生活の中では、いろいろな疑問が生じてきます。

 

このまま瞑想を続けていて変化はあるのだろうか・・・。

 

そんな疑問は、瞑想に限らず、生活のあらゆる場面においても同様の疑問が起こってきます。

 

本当に善い方向へと向かっているのだろうか・・・。

 

変化もなければ、いいことも起こらない。

 

進歩も感じない。

 

そうした疑問を一度は抱いたことがあるのではないでしょうか。

 

誰もが通る道であると私は思います。

 

迷った時には、法に照らして、よく自己を吟味して、自己の歩みの選択や軌道を修正していけばいいのです。

 

力を入れ過ぎた時には、少し力を抜いて、もう一度自分自身に気づきを入れればいいのです。

 

 

真理に逆らってはいないだろうか。

 

真理に沿って歩むようにしているだろうか。

 

再度、自分に問いかけてみてください。

 

 

法を聴くこと、法を学ぶこと、法を実践すること、全てが善いきっかけです。

 

それだけではありません。

 

 

和やかで、おだやかな姿勢。

 

和やかでおだやかな言葉。

 

人に恐れや怒りの感情を抱かせない態度。

 

人に安らぎや落ち着きを与えて、おだやかにさせる態度。

 

その全てが善き未来への種であり、善ききっかけです。

 

全てが“善ききっかけ”なのです。

 

 

今ある環境や条件のもとで、今の自分ができることから実践してください。

 

どんなに小さなことであったとしても。

 

善ききっかけや善き機会は、より多いほうがより望ましいです。

 

そして、より多く積み重ねるほうが望ましいです。

 

善ききっかけを積み重ねてゆけば、必ず善き結果となります。

 

その善き結果がさらにまた善ききっかけとなっていきます。

 

未来は、必ず善きものとなります。

 

 

(『善いきっかけを作る』)

 

 

 

タイで“瞑想”修行

日本で“迷走”修行

 

タイの森のお寺で3年間出家

 

“瞑想”修行と“迷走”修行を経て

おだやかな人生へとたどり着くまでの

赤裸々ストーリーをお届けします

 

ご登録はこちら

(※登録無料・解除自由です。)

 

登録無料【こころの探究のはじまり】

 

 

-新・タイ佛教修学記
-

Copyright© 伊藤允一(いとうまさかず)公式サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.