新・タイ佛教修学記

業というものがあるのなら・・・

 

【業】
身・口・意の所作(動作・行為全般のことをさす)を業と名づけ、未来に果(結果)を招く因(原因)なりとする。

(宇井伯壽『佛教辞典』 より引用・一部編集)

 

 

もし、業というものがあるのなら・・・

 

 

私は、過去に誰かの出家の邪魔をしたのかもしれない。

 

そのように感じた瞬間がありました。

 

 

私は、比丘として出家するまでには大変な苦労をしました。

 

まったくもって、予定していた通りには進みませんでした。

 

本当に紆余曲折でした・・・。

 

仏教とは何の関係もない、一種の「こじつけ」になるのかもしれませんが、タイでの出家生活を通じて、またさまざまな経験や体験を通じて感じたことがありますので、ここに記したいと思います。

 

 

それは、「業」というものの存在です。

 

ご存知の通り、「業」とは仏教の根幹をなす基本的な教義のひとつです。

 

「自業自得だ」「巡り巡って自分に返ってくる」「いいことをしたら必ずいいことが返ってくる」

 

このような言葉は、現代の日本でもよく耳にしますね。

 

これらは、仏教的な考え方が基になっている言葉です。

 

 

タイでは、そんな日本以上に、仏教の教えである「業」という言葉を口にします。

 

さらに、行為や行動、すなわち「行い」ということについてよく問題にします。

 

 

タイ語で「業」ことを「ガム」(「カルマ」のタイ語なまり)といいます。

 

タイの人たちは、なにかにつけて、

 

「それは、お前の過去の業(行い)だ。」

 

と言います。

 

冗談混じりの言葉であることもあれば、出会った出来事に対して、自分を納得をさせるかのように語られる時もあります。

 

ブッダは、業と輪廻転生との関連について何も語ってはいません。

 

しかし、仏教では、「業」こそが生きていくうえでは重要なことで、未来に影響していくものであるということを明確に教えています。

 

そして、「業」によって輪廻転生するという教えとなっています。

 

 

さて、私の出家の話題に戻します。

 

出家をするためにタイまで来たのに、出家することができませんでした。

 

もがけばもがくほど、出家は遠ざかっていきました。

 

この時の私の心境は、あまりにも複雑過ぎて文字に表現することができません。

 

この時、私は、もしも、業というものがあるのなら・・・私は、過去に誰かの出家の邪魔をしたのかもしれないな、とこのように感じました。

 

何の行いの結果なのかなど私にはわかりません。

 

しかし、まちがいなく何らかの「力」が働いているかのような感覚を覚えたのです。

 

 

この時の心境を私が親しく教えを受けた師である先生に話しました。

 

 

「自然の流れに任せてみなさい。

 

無理やりものごとをすすめようとしたり、何か“しこり”を残したままものごとをすすめようとすることはよくない。

 

水に浮かぶ水草のごとく、流れに身を任せてみなさい。

 

縁に従って生きてみなさい。

 

きっと、機が熟する時が来るでしょう。

 

なにごとも自然な流れのうえにあることですから。

 

“しこり”を残したまま前へすすめば、いつか表に現れるものです。

 

前へすすむ時は、ごく自然にすすんでいくものなのです。」

 

 

という言葉をいただきました。

 

 

今、悪しき心を起こしてはならない。

 

悪しき心は、さらに悪しき心を育てるだけです。

 

なにごとも自然に。

 

流れの上に身を任せてみなさい・・・

 

 

過去に私が誰かの出家の邪魔をしたのかどうか・・・そのようなことはわかりません。

 

大切なのは、“時期”ではないのに、無理やり進めようとしたり、しこりを残したまま進めてしまってはいけないということです。

 

悪しき心を起こせば、悪しき結果を生むだけです。

 

なにごとも、楽に、自然にすすめていきなさい。

 

心の中で「ぎゅーっ」力を込めて、つかんでいるものを手放してみなさい。

 

力を抜いて、そっと優しく手放す・・・そして、縁に任せてみなさい、ということなのだろうと私は先生の言葉を受け取りました。

 

 

業というものがあるのなら・・・

 

 

「業」というものは、それほど単純なものではありません。

 

なかには、原因と結果がはっきりとしているものもあるかもしれませんが、私たち凡夫には、思いはかることができないものの方が多いものなのですから、「業」を感じとることなどできるものではありません。

 

複雑に絡み合い、一言で説明のできるものではないのです。

 

 

私が体験した程度のことであれば、丁寧に生きていれば、わざわざタイまで行かなくても日本の日常生活の中ででも感じ取ることができるのかもしれません。

 

しかし、私にとっては、タイという価値観、出家をするという過程のなかで出会い得たことでした。

 

出家することを熱望した道の中でしか出会えなかったことでした。

 

 

私は、そのように感じています。

 

 

蒔かない種は生えてはきません。

 

因がなくては、縁もありませんし、果もありません。

 

私にはその因がなかったのでしょうか。

 

 

最後に、その親しく教えを受けた師である先生から言われた言葉がもうひとつあります。

 

 

「比丘になるということは誰にでもできることではあるけれども、誰もが比丘になることができるというわけでもないんだよ。」

 

 

未熟な私は、この言葉がとても心に突き刺さりました。

 

やはり言葉には表現できない心境になりました。

 

 

この記事をお読みの皆さまは、私が師から言われたこの言葉の意味をどのようにお感じになられるでしょうか・・・。

 

 

(『業というものがあるのなら・・・』)

 

 

読むだけで心がおだやかになるメルマガ
『こころの探究のはじまり』

 

無料メルマガのご登録

 

 

-新・タイ佛教修学記
-

Copyright© 伊藤允一(いとうまさかず)公式サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.