新・タイ佛教修学記

徹夜の瞑想

 

タイのお寺ではよく数日間の合宿瞑想会や、徹夜の瞑想会が行われます。

 

出家者だけではなくて、一般の参拝者であっても気軽に参加できます。

 

合宿瞑想会の最終日やワンプラの日には、夜を徹して瞑想をするというプログラムが組まれていることがよくあります。

 

特に森のお寺や修行寺などで多く実施されています。

 

 

徹夜の瞑想。

 

 

まるでブッダが菩提樹の下で夜を徹して瞑想修行に励まれた時の姿を思わせます。

 

徹夜の瞑想は、日本人にとっては、あまり馴染がありませんが、タイではそれほど珍しいものではありません。

 

おそらく、徹夜の瞑想を経験したことのあるタイ人は多いのではないでしょうか。

 

定期的にお寺へ通っているというタイ人であれば、必ず経験があるかと思います。

 

 

徹夜で瞑想に臨むその日。

 

 

夕の勤行のあと、瞑想指導者からの法話や瞑想に関する法話を聴聞したあと、瞑想に入っていきます。

 

あるいは、瞑想指導者の法話を聴聞しながら瞑想を行います。

 

 

夜は、刻々と更けていきます・・・

 

 

ひたすら坐禅(坐って行う瞑想)と歩行瞑想とを繰り返している者。

ただひたすら坐禅する者。

ただひたすら歩行瞑想する者。

 

 

みんなとても熱心に瞑想に励んでいます。

 

しかし、あくまでも“強制”ではないので、適当に休んでいたり、壁にもたれて睡眠をとっていたとしても、全く問題ありません(さすがにお坊さんで“それ”はありませんが)。

 

このあたりについては、いたって自由で、いかにもタイらしいところです。

 

こうして、さらに夜は更け、静けさが深まっていきます。

 

そして、いよいよ朝を迎えます。

 

 

比丘たちは、托鉢へと出かけます。

 

あるいは、その日はそのままお寺の境内で、ともに徹夜の瞑想に励んだ在家者たちから施しを受けることもあります。

 

 

いかにも疲れた表情をしている者。

すがすがしい表情の者。

とても爽快な表情をしている者。

 

 

さまざまな顔があります。

 

朝食の後、それぞれの思いで解散となります。

 

 

在家者たちは家路につき、出家者たちはいつも通りの生活へと戻っていきます。

 

 

果たしてブッダは、どれだけの時間を徹夜の瞑想に費やし、励まれたのでしょうか・・・考えずにはいられませんでした。

 

 

タイでは、徹夜での瞑想以外にも、さまざまなお寺で、さまざまな修行方法が実践されています。

 

 

ごく少数ではありますが、森のお寺を中心として、一日たった数時間の睡眠時間を貫き、ひたすら瞑想に打ち込んだり、一切睡眠をとらずに毎晩徹夜で瞑想に打ち込む修行者もいると聞きます。

 

日常的にそのような修行生活を送る者もいれば、それぞれ一定期間を定めて瞑想に打ち込む者もいます。

 

また、何日間も誰とも話さずに瞑想へと打ち込む修行者もいます。

 

これも、一定期間を定めて行う者もいれば、人との接触を一切断つために、あえて山奥のお寺に籠ったりする者もいます。

 

実際に厳しい修行寺では、私語は厳禁されていて、瞑想期間中は誰とも話せません。

 

話す“相手”は、自己の内面しかありません。

 

まさに自己を見つめざるを得えない環境です。

 

 

今も、徹夜の瞑想は、伝統的な修行方法として認識され、実践され続けています。

 

そして、とても身近で、かつ盛んに行われています。

 

 

週末やワンプラの日にはお寺へと通い、定期的に瞑想する時間をもつタイ人はとても多いです。

 

瞑想は、積徳行為であるばかりでなく、現代社会においては、ひとつのメンタルヘルスともなっているのでしょう。

 

 

自分が求める環境を選択できる、あるいは自分が求める形の修行が追求できるのです。

 

また、在家者として日常生活を送る者であっても、自己を見つめる静かな時間を持つことができるのです。

 

 

徹夜での瞑想・・・

 

いつの間にか、ブッダの修行時代の姿と私の修行の姿とを重ね合わせていました。

 

 

(『徹夜の瞑想』)

 

 

読むだけで心がおだやかになるメルマガ
『こころの探究のはじまり』

 

無料メルマガのご登録

 

 

-新・タイ佛教修学記
-

Copyright© 伊藤允一(いとうまさかず)公式サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.