新・タイ佛教修学記

あれは幻覚だった

 

瞑想していると、さまざまな現象に出会うといいます。

 

残念ながら、私は、タイでの修行中に特別な現象と出会うことはありませんでした。

 

瞑想関連の文献に記されているような「光」や「光の輪」なども見ることはありませんでした。

 

また、日本の書店で見かけるいくつかの瞑想体験記にあるような劇的な体験もなければ、大きな心の変化などといったものもありませんでした。

 

 

悔しくもありますし、挫折感もあります。

 

しかし、私の師は、

 

 

「それが目的なのではないでしょう。

あなたは、自然を学びに来たのであるし、生き方を学びに来たのでしょう。

あなたは、仏教を学びに来たのではないですか。

瞑想の中ではそのような出来事もあるでしょうが、なかったからといって、全く悲観することはない。むしろ、そのような現象にこだわること自体が執着であり、非常に危険なことです。」

 

 

と、私に諭してくださいました。

 

 

実は、同じような励ましの言葉は、何度もいただいていますし、タイへ渡った当初より聞いてきています。

 

わかりきっている言葉でもあるのです。

 

それなのに、やはりなんらかの「成果」を求めていましたし、「形」にばかりとらわれてしまうという私の執着がありました。

 

 

そんな私にも、ひとつだけ瞑想中に出会った不思議な出来事がありますので、紹介させていただきます。

 

私は、深いレベルの瞑想には至らなかったため、光を見たり、ブッダの姿を見たりといった現象と出会うことはありませんでしたが、一種の「幻覚」のようなものとは出会ったことがあります。

 

 

・・・それは、徹夜で瞑想に打ち込んでいた時のことです。

 

タイの修行寺や森のお寺などではよくある、外に建てられた簡素な小屋と歩行瞑想のための簡素な建物で夜を徹して、ただ一人瞑想に励んでいました。

 

夜には蝋燭(ろうそく)の光だけで瞑想に励みます。

 

うす暗いですが、慣れてくると蝋燭の光だけでも十分に明るいです。

 

ひたすら坐禅瞑想と歩行瞑想とを繰り返します。

 

 

突然、坐禅中に誰かから声をかけられました。

 

・・・おそらく先輩比丘の声だったでしょうか。

 

「さぁ、ブッダに向かって礼拝しよう。」

 

・・・そして、先輩比丘と一緒にブッダに向って礼拝しました。

 

タイ式の礼拝方法で、仏像にむかって3回礼拝したのでした。

 

・・・ところが、ふと気がつくと誰もいない場所で、ただ一人礼拝していて、ポツンと私だけが座っていたのでした。

 

一瞬わけがわからなかったのですが、幻覚だったのでしょう。

 

 

もう一度、似たような体験をしました。

 

同じく夜を徹して一人瞑想に励んでいた時のことです。

 

用をたそうと座を立ち、衣を近くに置いてあった椅子に掛けようとしたところ、サーッとその衣を掛けようとした椅子が消え去ってしまったのです。

 

一瞬、戸惑いましたが、今、見ていたはずの目の前にあった椅子は、幻覚だと気がつきました。

 

目の前には何もなく、ただ地面だけが見えていたのです・・・

 

 

この2つの出来事は、とても不思議な出来事でしたが、どうやら紛れもなく幻覚だったようです。

 

 

その時は、特に眠気は感じていなかったと記憶していますし、それほど疲れてもいなかったと記憶しています。

 

しかし、それらは、眠気によるいわゆる「寝ぼけた」状態だったのか、あるいは疲労による幻覚だったのだろうと私は考えています。

 

 

師にそのことを報告すると、

 

「あ、そうですか。」

 

とだけ返されました。

 

「・・・」

 

私は、師のこの答えに少々納得がいきませんでしたが、よくよく自分の中で吟味をしてみますと、「ただ事実を事実としてだけ観なさい。」ということなのだろうと思いました。

 

 

幻覚を見たのは事実です。

 

事実は事実として、単なる「事実」としてだけとらえる。

 

それに意味を加えたり、意義を見い出したりしてはいけません。

 

まして、自分なりの解釈を加えたり、特別なものとしてとらえてはなりません。

 

眠気の中で出会った夢でもいいし、疲労の中で出会った幻覚でも構いません。

 

それはそれでいいのです。

 

それ以上追いかけないことです。

 

そのようなことはどうだっていいんです。

 

 

仏教の目指すところは何でしたか?

 

 

自己の心を徹底して観察していかなければなりません。

 

 

師の言葉は、仏教の目指すところをしっかりと確認して、真っすぐに進んで行きなさいということだったのだと、私は理解しています。

 

 

(『あれは幻覚だった』)

 

 

読むだけで心がおだやかになるメルマガ
『こころの探究のはじまり』

 

無料メルマガのご登録

 

 

-新・タイ佛教修学記
-

Copyright© 伊藤允一(いとうまさかず)公式サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.