新・タイ佛教修学記

ニセモノの瞑想とニセモノの指導者の見極め方

2020年9月7日

 

これは、単刀直入に言って、
大変難しい問題だと思います。

 

 

明かに悪徳なものや
詐欺的なものもあるにはあります。

 

 

あるいは、瞑想の知識がないままに
指導者を名乗っていることも

あるようです。

 

 

どの瞑想がいいのか、
どの指導者が
いいのかという問題は、
その個人にとって、
その瞑想法やその指導者が
合うのか合わないのかの
問題である場合も多いです。

 

 

多分に個人的な見解や
感じ方による問題でもあり、
“ニセモノ”の指導者であっても
その人にっとっては
いい指導者である
ということもあり得ます。

 

 

 

ご存知の通り、
瞑想には、
実に多種多様なものがあり、
何がホンモノで、
何がニセモノなのかの
判断に戸惑います。

 

 

しかし、
自分に合わなかったからニセモノ、
あるいは、
効果が得られなかったから
ニセモノの瞑想だとしてしまうのは、
あまりに早計であり、
それこそ誤った判断であると思います。

 

 

 

とはいえ、
どの瞑想法を選ぶのか、
どの指導者を選ぶのかという問題は、
先にも書きました通り、
非常に重要です。

 

 

 

それぞれの瞑想法には、
それぞれにテーマがあり、
目的があります。

 

 

その目的が
その個人の目指すところに
合致していなければ、
それは必然的に違和感となるはずです。

 

 

 

また、瞑想の指導者については、
篤い信頼関係が必須となります。

 

 

信頼関係のないまま
指導を受け続けたとしても、
良い結果を得ることはできません。

 

 

逆に無条件に
信頼をしてしまって、
誤った方向へと
導かれたとしたらどうでしょうか。

 

 

 

結果は歴然としています。

 

 

 

それでは、
どのように“ニセモノ”の
見極めを行っていけば
よいのでしょうか?

 

 

 

まずは、
直接その瞑想法なり、
その指導者なりに
触れてみることです。

 

 

できることならば、
疑問に思う点や
不明瞭な点を
質問してみることです。

 

 

そして、
できる限りコミュニケーションをとり、
交流を持ってみることです。

 

 

 

その瞑想法は、
自分が目指すところに
合致しているかどうか。

 

 

その瞑想法の流れは、
どのような経路で
私の元へと
伝わって来たものなのか。

 

 

その指導者のバックボーンは
どのようなものなのか?

 

 

その指導者の
“先生”となる人物は誰なのか?

 

 

その指導者自身は、
誠実な人物かどうか?

 

 

 

このような点を
しっかりと吟味していけば
良いのではないかと思います。

 

 

近年は、
おおむねどの指導者の方も
何らかの発信をされています。

 

 

その指導者の方の
ブログやメールマガジンなどを
よく読むというのも手段のひとつです。

 

 

また、
YouTubeなどの動画を
よく見て判断するというのもひとつです。

 

 

さらに、
直接、瞑想会や瞑想講座へ
足を運んで参加してみる
というのもいいでしょう。

 

(オンライン瞑想会も含みます。)

 

 

あるいは、
直接知っている人に聞いたり、
確認するというのも手段でしょう。

 

 

==========

【先生は、とっても重要です!
〜道を誤らないために〜】

YouTube(6:09)

==========

 

 

大切なのは、
溢れる情報を無条件に
鵜呑みにしてしまうのではなくて、
自分でよく調べて、
よく吟味してみるという姿勢です。

 

 

それでよく納得して、
この瞑想法やこの指導者であれば
信頼するに値すると
判断できた時点で、
初めて選択すればいいわけです。

 

 

いわゆる“ニセモノ”を
つんでしまわないためにも、
後悔をしないためにも、
そして瞑想の良さを
正しく知っていただくためにも、
「自分の眼」を養うことが必要です。

 

 

 

最終的には、
個人の判断と選択です。

 

 

 

そのうえで、
先に挙げたことがらに
注意しながら
見極めていけば、
間違うことはない
のではないかと思います。

 

 

(『ニセモノの瞑想とニセモノの指導者の見極め方』)

 

※アイキャッチ画像は、
『Forest Sangha Calendar 2017・2560』より。

 

 

公式メルマガのご案内

 

胸に突き刺さるからこそ力になる!!

私が今までに歩んできた道のりを

振り返り赤裸々な人生を綴っています。

 

『こころの探究のはじまり』

 

無料メルマガのご登録

 

 

-新・タイ佛教修学記
-

Copyright© 伊藤允一(いとうまさかず)公式サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.