新・タイ佛教修学記

これからの人生が今までの人生を作る

 

「今までの人生がこれからの人生を作る」のではなくて、
「これからの人生が今までの人生を作る」のです。

 

過ぎたことは変えることも

消し去ることもできません。

 

過去に後悔があるとすれば、

それはきっぱりと

心を切り替えるべきです。

 

過去への評価は、

単なる自分の中の認識にしか過ぎません。

 

今までのことに対して、

いい評価を与えるも、

悪い評価を与えるも、

“今の自分”次第です。

 

もしも、今、充実した、

納得の人生を送っているとすれば、

思い出したくないほどの

過去があったとしても、

それは納得できる過去になります。

 

納得できないまでも、

あの時があったから、

あの時のおかげで、

と思うことができるようになるはずです。

 

逆に、今、不満ばかりで、

怒りや恨みに満ちた人生を

送っていたとすれば、

果たしてどうでしょうか?

 

あの時のせいで・・・

あのことがなければ・・・

 

全てを過去のせいにして

恨みや妬みの心を

大きくしていることでしょう。

 

どちらの人生がいいでしょうか?

 

私は人生をより豊かなものとしたければ、

今を充実させることだと考えています。

 

今を充実したものとするには、

ベストを尽くすことです。

 

今できる最善のことを選択して、

最善の実践をしていくことです。

 

そうすれば、

過去への見方も変わってきますし、

今までの人生の捉え方も変わってきます。

 

そのためには、今、

心をおだやかにして、

よりベストな選択ができるように

自分自身を調えていくことだと

私は考えています。

 

心がおだやかであってこそ、

より適切な判断が可能になります。

 

瞑想は、生活を調えて、

心を落ち着けて、

ものごとの本質を

観ていこうとするものです。

 

だからこそ私は、

「心のおだやかさ」

第一に考えるようにしていますし、

またそのようにお伝えしています。

 

自分の考え方や思考パターンは、

そう簡単には変わらないかもしれません。

 

変わらないかもしれませんが、

小さな積み重ねで

変えていくことができます。

 

小さなことの積み重ねは、

やがては大きな積み重ねに

なっていきます。

 

私自身も毎日心がけています。

 

 

何が今のベストなのか?

 

ベストを尽くすのか、尽くさないのか?

 

 

ここが大きな分かれ道です。

 

 

(『これからの人生が今までの人生を作る』)

 

 

 

タイで“瞑想”修行

日本で“迷走”修行

 

タイの森のお寺で3年間出家

 

“瞑想”修行と“迷走”修行を経て

おだやかな人生へとたどり着くまでの

赤裸々ストーリーをお届けします

 

ご登録はこちら

(※登録無料・解除自由です。)

 

登録無料【こころの探究のはじまり】

⇑⇑⇑ ここをクリック!

 

 

-新・タイ佛教修学記
-

Copyright© 伊藤允一(いとうまさかず)公式サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.