タグ・アーカイブ: ご挨拶

 

あけまして
おめでとうございます。

 

旧年中は
大変お世話になりまして、
ありがとうございました。

 

 

Facebookを通じて
ご縁をいただいた方、
瞑想会を通じて
実際にお会い
させていただいた方、
さまざなことがらに
共感してくだった方々をはじめ、
みなさま方から
本当に多くのことを
学ばせていただき
深く感謝しています。

 

 

令和2年、
2020年も、
どうぞよろしく
お願い致します。

 

 

 

 

昨年は、
私にとって、
とても大きな一歩を
踏み出すこととなった
年となりました。

 

 

時々、
Facebookにも
投稿していますが、
私が今までに
歩んできた道を
もう一度、
ひとつひとつ丁寧に
振り返ってきました。
そこから、
私が何よりも
大切にしているもの、
今まで私の中で
変わることなく
貫かれているものを
しっかりと確認し、
はっきりと見つめる
ことができました。

 

 

私の中で
一貫しているもの。

 

それは、
「おだやかな生き方の探究」です。

 

 

私自身、
出口が全く見えない
暗闇の中を
“迷走”してきた
とても苦い経験を
持っています。
その期間は、
10年以上にも及びました。

 

これから
どうなってしまうのかが
わからない不安感、
生きている心地すら
しない恐怖感は、
とても文字では
表現することが
できません。

 

 

しかし、
目に見える
客観的事実は
変わらなくとも、
自分自身の感じ方や
とらえ方が
変わることで、
私の身に起きている
問題の根本は、
実は、
自分自身の
心にあるのだ
ということに
気がつきました。

 

 

この私の礎は、
仏教の学びと
タイの森の修行寺での
3年間の出家生活と
瞑想修行にあります。
そして、
日本への帰国後に
経験することになった、
本当に辛かった
“迷走”生活にあります。

 

10年以上も続いた
“迷走”生活がなければ、
問題の根本に
気づくことなく、
今もまだ
暗闇のなかに
いたのかもしれません。
この苦しみが
あったからこそ、
大きな気づきが
得られました。

 

 

 

 

オリンピックイヤー
でもある今年は、
私にとっては
とても大きな
成長の年です。

 

すなわち、
今まで活動して
来たことを“形”に
したいと思います。

 

 

このような混沌とした
現代社会だからこそ、
自己の心を落ち着けて、
冷静にものごとを観て、
判断していく“眼”を
養うことが必要です。

 

 

そのためには、
瞑想の実践に加えて、
仏教的なものごとの
考え方が
非常に大切に
なってきます。

 

また、
以前の私と同じように
悩みを抱えている人たちに、
私の学びと経験を
お伝えしていくことで、
小さいけれども
大きな一歩を踏み出す
お手伝いをしたいと
考えています。

 

 

2020年は、
定期的な瞑想会や
瞑想講座の開催を
より充実させていくことを
予定しています。

 

また、
2月・4月・6月には
『瞑想と日常生活』の
連続講座の開催も
予定しています。

 

 

よりたくさんの人たちに、
よりたくさんのことを
お伝えしながら、
私自身もともに学び、
ともに心を磨き、
ともに歩んでまいりたいと
考えています。

 

皆さまにとって
あかるくて、
おだやかな年と
なりますように。

 

 

今後とも、
親しくお育てくださいますよう
よろしくお願い申し上げます。

 

 

令和2年(2020年)1月1日

伊藤允一(いとうまさかず)

 

 

~・~・~・~・~・

 

 

『伊藤允一公式 メルマガ』
【こころ探究のはじまり】を配信しています。

瞑想会や瞑想講座の
お知らせもあわせてご案内しています。

 

よろしければこちらから
ご登録いただけますと嬉しく思います。

 

本年も、どうぞよろしくお願い致します。