<「気づき」ってなに?>

 

 

「気づき」とは具体的にどういうことを気づくのでしょうか?

 

 

「知る」とは具体的にどういうことを知るのでしょうか?

 

 

 

「気づき」や正しく「知る」ということは、瞑想上非常に重要なものです。

 

 

 

瞑想にご興味のある方であれば、一度はどこかで「気づき」というワードを聞かれたことがあるのではないかと思います。

 

 

私がここでお伝えさせていただいている「気づき」という言葉は、一般的に使われている「学び」という意味ではありません。

 

 

それでは、どのような意味で言っているのかといえば、自身の状態を正しく「知っている」状態を指して「気づき」と言っています。

 

 

ところが、これでは具体的にどういうことを指しているのかがさっぱりわからないというご質問をよくいただきます。

 

 

このことについて、とてもわかりやすい例えが示されていたので、ここでもお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

背中に手を回して、「グー」・「チョキ」・「パー」を作って、順番に手を動かせてみてください。

 

 

あなたは、今、そこで「グー」を出しているのか、「チョキ」を出しているのか、それとも「パー」を出しているのか、もちろんわかっていますよね。

 

 

これが「気づき」であり、正しく「知っている」状態です。

 

 

今、自分自身が何を行なっているのかがきちんとわかっている状態です。

 

 

あなたは、後側にまわしている手が何を出しているのかが見えていなくても、何を出しているのかをきちんと知っています。

 

 

なぜなら、今、何を出しているのかに注意を向けて、きちんと意識をしているからです。

 

 

 

この状態こそが重要です。

 

 

これだけはよく覚えておいてくださいね。

 

 

この「知る」ということや「気づき」ということは、この瞑想の「肝(きも)」なので、ここがわかっていないと瞑想に取り組む意義を理解することができません。

 

 

逆に言えば、ここの理解が間違っていなければ、あえて〝瞑想するぞ!〟と思わなくても、いつでもどこでも何をしていても瞑想することができますし、どんな動をしていても瞑想になります。

 

 

これだけは、他の何よりも、しっかりと正しく理解をしておいていただきたいと思います。

 

 

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

 

『こころおだやか瞑想実践会in名古屋』のご案内

 

平成30年12月2日(日)13:00~15:30

名古屋にて開催いたします。

お会いできることを楽しみにしています!

 

※まだ残席あります。

 

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

アメーバブログ絶賛更新中!

 

こちらもよろしくお願いいたします。

 

『頑張らない魔法の瞑想習慣』

 

<まぁ、ちょっと、お茶でもどうぞ>

 

 

どうしようもなくなった時。

 

 

行き詰まってしまった時。

 

 

どうしたらいいのかさっぱり分からなくなってしまった時。

 

 

 

・・・あぁ、私、いったいこの先、どうしたらいいんだろう。

 

 

もう、何が何だかさっぱり分からなくなって来ちゃった・・・。

 

 

 

そんな時は、まぁ、

 

ちょっとお茶でも飲みましょう。

 

 

 

 

 

 

根本的な解決にはならないのかもしれません。

 

 

現実逃避なのかもしれません。

 

 

 

でも、まぁ、悩みや不安は、ひとまず脇に置いておいて、ホッと一息ついてみませんか?

 

 

 

1分でも、1秒でも、たとえほんの一瞬であったとしても、穏やかなひと時を大切にしてみてください。

 

 

 

何にも見つからないかもしれません。

 

 

どうにもならないかもしれません。

 

 

 

それでも、なにか善ききっかけがつかめるかもしれませんから。

 

 

ほんの少しだけでもホッとできるではありませんか。

 

 

 

小さな小さなおだやかなこころ。

 

 

 

まぁ、ちょっと、

 

お茶でもどうぞ。

 

 

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

『こころおだやか瞑想実践会in名古屋』のご案内

 

平成30年12月2日(日)13:00~15:30

 

名古屋にて開催いたします。

 

お会いできることを楽しみにしています!

 

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

『頑張らない魔法の瞑想習慣』

 

アメーバブログ絶賛更新中!

 

よろしくお願いいたします。

 

<言葉に注意を向ける>

 

普段、自分が何を話しているのかということを自分自身でわかっているでしょうか?

 

 

もちろん「そんなことなんてわかっているわ」と答えられるかとは思いますが、実は、それほど意識されていないことが多いんです。

 

 

例えば・・・

 

嘘はついていませんか?

 

汚い言葉は使ってはいませんか?

 

人を罵ったりする言葉や、けなしたり、悪口となるような言葉は使ってはいませんか?

 

 

一瞬、ドキッとしますよね。

 

 

誰にでもひとつやふたつくらいは、思い当たることがありますもの。

 

 

さらにお伝えをさせていただくと・・・

 

 

嘘をつくのはもちろんのこと、冗談を言ったりするのも望ましくありません。

 

 

「冗談くらいなんでいけないの?」と思われるかもしれませんが、冗談というのは、他者を見下していたり、馬鹿にしていたり、けなしていたりすることが多いものです。

 

 

そんな気持ちなんて全くなくても、相手の気持ちを無視していたり、気分を害していたりすることがあります。

 

 

しかも、冗談だとわからないような冗談は、すでに冗談ではありません。

 

 

ただ単に人を傷つけるだけですし、「冗談」の性格から言えば、「嘘」にも通じるものなので、やっぱり言わない方がいいんです。

 

 

 

 

 

 

そもそも自分の口から出た「言葉」というものは、自分がそのように考えているからなんですね。

 

 

全く思っていない事や全く考えていない事は、言葉として出て来ることはないからです。

 

 

いつも思っていたり、いつも考えていたりするからこそ、自分の口から言葉となって出てきたのです。

 

 

たとえ、心の中で考えていたとしても、できる限り言葉に出さないようにしたり、できる限り綺麗な表現に言い換えたりすることはできますよね。

 

 

そうすることで、少しずつ自分の考え方の「癖」を直していくことができます。

 

 

また、ここからは瞑想のお話につながってくるんですが、自分が話している言葉に注意を向けることは、自分自身の行為・行動を知り、観察することにつながってきます。

 

 

嘘はついていないかな、汚い言葉は使っていないかな、相手を傷つけるような言葉は使っていないかな・・・と、ほんの少しだけ、注意を向けてみるようにしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

そこで、自分が何を考えているかを知り、自分の行動を知り、修正していくことができます。

 

 

自分が話している言葉に気をつけて、注意を向けていくことで、私の今を知る、私の今に気づく、私の今を観察することになります。

 

 

言葉に気をつけていくことが瞑想の実践につながってくるんですね。

 

 

え!?そんなのが瞑想なの?って思われるかもしれませんが、それがマインドフルネスであり、それが今ここに注意を向けることであり、それが気づきであり、瞑想なんです。

 

<集中力は育ちます!>

 

 

よく気が散ってしまうんです

 

 

集中することができないんです

 

 

あれこれと気になってしまうんです

 

 

 

こんな方って、案外、多いと思うんですね。

 

 

また、大人だけではなくて、子どもさんが落ち着きがなくて困っているんですという方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

 

 

瞑想に取り組むことで、ごく自然なかたちで集中する力を育てていくことができ、こうした問題も無理なく解消できることが期待できます。

 

 

瞑想を実践していく過程で、自然に日常生活に落ち着きがでてきたり、気が散らなくなったり、人によっては集中力が高まったりするといった効果が得られるんです。

 

 

 

 

 

 

瞑想の第一歩は、自分の呼吸へと注意を向けることです。

 

 

私は、一日のうちのどこかで、ほんの少しの時間でも構わないので、呼吸を観る時間や呼吸を整える時間を作っていただくことを推奨しています。

 

 

なぜならば、呼吸を整えることは、自分自身の呼吸そのものへと注意を向けることに他ならないからです。

 

 

すでに、この「呼吸へと注意を向ける」という作業自体が集中力を育てるトレーニングとなっているんです。

 

 

呼吸へと注意を向けたり、自身の感情の動きを観察していくという作業を繰り返し繰り返し実践していく・・・その結果、集中力も養われてくるというわけなんですね。

 

 

あれやこれやと気にならなくなったり、物事がスムーズに進むようになったり、もちろん仕事のパフォーマンスアップへとつながったりもします。

 

 

 

瞑想を実践していくことで、さまざまな善い副産物が得られるのです。

 

 

 

ですから、どんなに小さなことでもいいので、どんなに簡単なことでもいいので、無理なく自然に継続できることで、瞑想につながるようなことを毎日毎日続けていただくようおススメいたします。

 

 

 

集中力は育ちます。

 

 

集中力は養うことができます。

 

 

さらにさまざまなことが変わり始めます。

 

 

そんな変化を楽しむことができるようにもなります。

 

 

 

『頑張らない魔法の瞑想習慣』

 

こころおだやかな瞑想のブログです。

 

こちらのブログもよろしくお願いいたします。

 

 

<心を乱された時は、すぐに呼吸へ注意を向ける>

 

 

今日は、どんな一日でしたか?

 

 

私は、今日のお昼休憩の時間を利用して、アップする予定だったこの記事の下書きをしていました。

 

 

晴れた日には、よく職場の外へ出て休憩を取っています。

 

 

この季節の空気は、とても爽やかで、優しくそよ風が吹いていて、すごく気持ちがいいんです。

 

 

休憩時間内に深呼吸をしたり、少しの時間ですが瞑想をして気持ちを落ち着かせたりしています。

 

 

 

さて、今日は、「心を乱された時は、すぐに呼吸へ注意を向ける」ということについてお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

職場で、家庭で、外出先で、本当にいろいろなことがあるかと思います。

 

 

さまざまな感情の中へといとも簡単に飲み込まれてしまう毎日・・・なのではないでしょうか?

 

 

そんな限りなく湧き上がってくるさまざまな感情に振り回されないための小さな一歩が『呼吸を整えること』です。

 

 

さらには、『深呼吸をすること』です。

 

 

 

イラっとした時、カチンときた時。

 

 

ひどく落ち込んだ時、ひどく寂しい時。

 

 

 

心を乱された時は、すぐに呼吸へと注意を向けて、しばらくのあいだ静かに自分の呼吸を見つめてみてください。

 

 

瞬間的に感情が乱された時や何らかの動作の途中であれば、そのような余裕はないと思います。

 

 

そうした時は、すぐ深呼吸をするようにしてみてください。

 

 

湧き上がってきた感情に振り回されることなく、あなたらしい人間性を保って行動することができるはずです。

 

 

あなたが本来持っている冷静さや穏やかさを育てていくことができます。

 

 

呼吸を整えることやすぐに深呼吸をするということは、少しだけ慣れておかないと難しいかもしれません。

 

 

ですから、常日頃から習慣化しておくことをおススメしたいと思います。

 

 

これは、呼吸に慣れれば慣れるほど、その効果を実感しやすくなってきますから、ぜひとも生活の中で試してみてくださいね。

 

 

 

たくさんのストレスや止まらないイライラ、燃え上がるほどの怒りや握りこぶしを作ってしまうほどの腹立ち・・・

 

 

全ての感情を消すことはできません。

 

 

しかし、うまく付き合っていくことは可能です。

 

 

心を乱された時は、すぐに深呼へと注意をむける・・・これだけは、忘れないでくださいね。

 

 

あなたの毎日が明るく、穏やかなものとなりますように。

 

いつもそのように願っています。

 

 

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

 

『頑張らない魔法の瞑想習慣 ~マインドフルネス実践瞑想会~』

(※詳しくは、上記リンク先をご覧ください。)

 

〇日時 : 平成30年9月23日(日) 13:00~15:30

〇場所 : 名古屋市西区名駅2丁目34-17セントラル名古屋

(※詳細は、お申し込み後に改めてご連絡させていただきます。)

〇定員  : 5名

(※事前に参加申込みをお願いします。)

〇参加費 : 2000円

〇お申込み方法 : 問い合わせフォームあるいはメッセージにてご連絡ください。

 

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

☆アメーバブログ

 

『頑張らない魔法の瞑想習慣』

 

読者登録お待ちしております!

 

<ストレスとの戦いはいつまで続く?>

 

 

 

 

ストレスとの戦いは、いつまで続くのでしょうか?

 

どうしてこんなにもストレスで苦しまないといけないのでしょうか?

 

 

そんなことを考えたことはありませんか?

 

・・・私は、あります。

 

 

残念ながら、これは「適切な対応方法」を知らない限り、これからもずっとずっと戦い続けていかなければなりません。

 

・・・そうなんです。

 

ただ単に対応方法を知っているのか、それとも知らないかだけの問題なんです。

 

 

適切な対応方法とは、感情に巻き込まれないようにすることです。

 

そして、自分の感情を客観的に観るということです。

 

そのためのトレーニングが瞑想です。

 

 

瞑想は、誰にでも身につけることができるものです。

 

少しだけ瞑想することに慣れておく必要はありますが、瞑想とは決して時間を費やせばいいというものではありません。

 

また、センスの有無でもありません。

 

ですから、誰にでも身につけられるものなのです。

 

 

瞑想に慣れれば慣れるほど、楽に心を整えることができるようになります。

 

瞑想を知るということは、心の整え方を知るということに他なりません。

 

さぁ、そろそろこのあたりでストレスとの戦いを終わりにしませんか?

 

 

【マインドフルネス瞑想会のお知らせ】

 

名古屋駅前の『カイロプラクティック研究所』様にて毎月開催している「マインドフルネス瞑想会@名古屋」で講師をさせていただいています。

 

心と身体を整えて、ストレスと戦わない穏やかな生き方を一緒に身につけていきませんか?

 

「マインドフルネス瞑想会@名古屋」

 

平成30年9月9日(日)

9:00~11:30 

※参加費は無料です。

・名古屋駅から徒歩約5分程の場所で開催します。

・参加をご希望の方は、メッセージにてご連絡ください。折り返し詳細をお伝えさせていただきます

 

 

☆アメーバブログ

『頑張らない魔法の瞑想習慣』

毎日更新しています。

読者登録お待ちしております!

 

<『瞑想会』を活用してみる>

 

 

せっかくやりたいと思ったのに・・・

 

せっかくやるって決めたのに・・・

 

 

でも、なかなか取り組めない。

 

でも、なかなか続けられない。

 

 

もしも、そんな方がいらっしゃいましたら、ぜひ『瞑想会』を活用してみることをおススメしたいと思います。

 

瞑想会では、一人ではありません。

 

仲間の存在は、とても大きいものです。

 

怠け心を戒めてくれます。

 

悩みや思いを相談することもできます。

 

また、喜びや苦しみを一緒にシェアしたり、ともに励まし合っていくこともできます。

 

仲間と取り組んでいくことの大きさに気づかされます。

 

 

 

 

瞑想会という「場」の雰囲気も大切です。

 

引き締まった環境、気持ちを整える環境、そして瞑想に適した環境のなかへと身を置くことで、さまざまな方面において良い影響を与えてくれます。

 

場所を変えることで、気持ちを切り替えたり、折り目切り目をつけることにもなります。

 

ただただ「場」を変えてみるというだけでも、すごく気持ちが変わったりすることもあります。

 

やろうと思っているんだけれど、なかなか取り組めない・・・そんなお気持ちは、私にも痛いほどよく理解ができます。

 

何を隠そう、私自身がそうだったのですから。

 

しかし、少しでも自分が取り組みやすい環境を選んで、積極的にそちらの方へと近づいていかなければなりません。

 

自分から進んで環境を整えていくということは、重要なキーポイントでもあります。

 

 

あなたが少しでも取り組むことができる時間と空間を大切にしてくださいね。

 

 

 

☆アメーバブログでも瞑想の記事を書いています!

 

きっと、あなたが探していたことが見るかるはずだと信じています。

 

どうぞよろしくお願い致します&読者登録をお願い致します!

 

かんたん瞑想で心おだやかに!瞑想習慣でストレスに強くなる!あなたの可能性を引き出して、パフォーマンスアップを実現します。

私を動かしたのは・・・瞑想でした。

『頑張らない魔法の瞑想習慣』

 

<瞑想の効果を感じやすくするコツ>

 

 

 

 

瞑想の効果を全く感じることができません!

 

瞑想の効果なんて本当にあるんですか?

 

 

・・・これ、よくあるお声なんですね。

 

 

実は、以前は私もそうだったので、そのお気持ちはよーくわかります。

 

瞑想なんて意味がないと思ったことすらある程です。

 

瞑想の効果が全く感じられないのは、あまりにも瞑想への期待が高かったり、瞑想の効果を求め過ぎていたりすることが考えられます。

 

すると、かえって瞑想の効果が感じ取りにくくなってしまうことがあります。

 

 

そんな時は、瞑想に取り組んでみて「変わったところ」を探すようにすることをおススメします。

 

 

「変わったところ」を探そうとすることで、頭が自然に「変わったところ」を探すようになって、「変わったところ」が目につきやすく、変化に気づきやすくなります。

 

つまり、視点を変えるというわけなんです。

 

見ようとしなければ見えませんからね。

 

 

今まで全く気にも止めていなかったことであっても、ほんの少しだけ視点を変えてものごとを見てみることで、実に多くの気づきを得ることができます。

 

 

効果が感じられなかったのは、実は、見ようとしていなかっただけなのかもしれません。

 

 

一度、意識をして「変わったところ」を探すようにしてみてくださいね。

 

「変わったところ」ってどんなことがあるのかな、という視点を持ちながら生活をしてみてくださいね。

 

必ずなんらかの変化があるはずです。

 

もしかすると、求めていた効果とは違うものかもしれません。

 

しかし、その変化こそが瞑想の効果なのです。

 

よく感じながら生活をしてみてくださいね。

 

結構、楽しいですよ!

 

<ストレスと戦わない方法>

 

 

 

 

悩み事や心配事、毎日ストレスでいっぱい。

 

もしかして、ストレスと戦っていませんか?

 

 

悩み事って、一体何なのでしょう・・・

 

心配事って、一体何なのでしょう・・・

 

 

悩み事というものは、すでに過ぎ去った過去のことをあれやこれやと考えることから起こってくるんですね。

 

心配事というものは、まだ見てもいない未来のことをあれやこれやと考えることから起こってくるんですね。

 

 

それでは・・・

 

 

過去ってどこにあるのでしょうか?

 

過去って本当にあるのでしょうか?

 

 

未来ってどこにあるのでしょうか?

 

未来って本当にあるのでしょうか?

 

 

実は・・・

 

 

過去も未来も、どちらもただ私の頭の中にあるだけなんですね。

 

単なる私の頭の中だけの世界、つまり単なる想像の世界でしかないというわけなんですね。

 

悩み事も心配事も、実は、私が勝手に自作自演しているものに過ぎないんです。

 

 

ストレスと戦わない方法とは・・・

 

 

まずは、こうした不安や心配というものの「正体」をはっきりと知ること。

 

そして、“いま、この瞬間”に目を向けることです。

 

 

過ぎてしまった過去やまだ見てもいない未来を見過ぎず、今、この瞬間に意識を向けるようにしてみましょう。

 

“いま、この瞬間”に意識を向けることで、悩み事や心配事に苦しめられることは確実に少なくなります。

 

今の自分自身を冷静に見つめることができるようになり、より善い行動をとることができるようになります。

 

 

気軽に、気楽に、ストレスと戦わない。

 

ストレスと戦う必要なんてなくなってしまうんです。

 

 

☆ご意見・ご質問は、どうぞお気軽に。

<名古屋・瞑想会のお知らせ>

 

 

 

 

どんな小さなことがらでも構いません。

 

継続することが変化をもたらします。

 

自分に対する自信や自己肯定感を高めることにもつながります。

 

無理をしないことや頑張らないことから始めるというのがキーポイントです。

 

日々の小さなことの継続こそがあなたを善き方向へと導きます。

 

 

〇平成30年7月8日(日)

・9:00~11:30 (※参加費は無料です。)

・名古屋駅から徒歩約5分程の場所で開催します。

・参加希望の方は事前にご連絡をお願い致します。

 

 

☆どうぞお気軽にご参加ください。