考え方のコツ

<まぁ、ちょっと、お茶でもどうぞ>

 

 

どうしようもなくなった時。

 

 

行き詰まってしまった時。

 

 

どうしたらいいのかさっぱり分からなくなってしまった時。

 

 

 

・・・あぁ、私、いったいこの先、どうしたらいいんだろう。

 

 

もう、何が何だかさっぱり分からなくなって来ちゃった・・・。

 

 

 

そんな時は、まぁ、

 

ちょっとお茶でも飲みましょう。

 

 

 

 

 

 

根本的な解決にはならないのかもしれません。

 

 

現実逃避なのかもしれません。

 

 

 

でも、まぁ、悩みや不安は、ひとまず脇に置いておいて、ホッと一息ついてみませんか?

 

 

 

1分でも、1秒でも、たとえほんの一瞬であったとしても、穏やかなひと時を大切にしてみてください。

 

 

 

何にも見つからないかもしれません。

 

 

どうにもならないかもしれません。

 

 

 

それでも、なにか善ききっかけがつかめるかもしれませんから。

 

 

ほんの少しだけでもホッとできるではありませんか。

 

 

 

小さな小さなおだやかなこころ。

 

 

 

まぁ、ちょっと、

 

お茶でもどうぞ。

 

 

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

『こころおだやか瞑想実践会in名古屋』のご案内

 

平成30年12月2日(日)13:00~15:30

 

名古屋にて開催いたします。

 

お会いできることを楽しみにしています!

 

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

『頑張らない魔法の瞑想習慣』

 

アメーバブログ絶賛更新中!

 

よろしくお願いいたします。

 

<『瞑想会』を活用してみる>

 

 

せっかくやりたいと思ったのに・・・

 

せっかくやるって決めたのに・・・

 

 

でも、なかなか取り組めない。

 

でも、なかなか続けられない。

 

 

もしも、そんな方がいらっしゃいましたら、ぜひ『瞑想会』を活用してみることをおススメしたいと思います。

 

瞑想会では、一人ではありません。

 

仲間の存在は、とても大きいものです。

 

怠け心を戒めてくれます。

 

悩みや思いを相談することもできます。

 

また、喜びや苦しみを一緒にシェアしたり、ともに励まし合っていくこともできます。

 

仲間と取り組んでいくことの大きさに気づかされます。

 

 

 

 

瞑想会という「場」の雰囲気も大切です。

 

引き締まった環境、気持ちを整える環境、そして瞑想に適した環境のなかへと身を置くことで、さまざまな方面において良い影響を与えてくれます。

 

場所を変えることで、気持ちを切り替えたり、折り目切り目をつけることにもなります。

 

ただただ「場」を変えてみるというだけでも、すごく気持ちが変わったりすることもあります。

 

やろうと思っているんだけれど、なかなか取り組めない・・・そんなお気持ちは、私にも痛いほどよく理解ができます。

 

何を隠そう、私自身がそうだったのですから。

 

しかし、少しでも自分が取り組みやすい環境を選んで、積極的にそちらの方へと近づいていかなければなりません。

 

自分から進んで環境を整えていくということは、重要なキーポイントでもあります。

 

 

あなたが少しでも取り組むことができる時間と空間を大切にしてくださいね。

 

 

 

☆アメーバブログでも瞑想の記事を書いています!

 

きっと、あなたが探していたことが見るかるはずだと信じています。

 

どうぞよろしくお願い致します&読者登録をお願い致します!

 

かんたん瞑想で心おだやかに!瞑想習慣でストレスに強くなる!あなたの可能性を引き出して、パフォーマンスアップを実現します。

私を動かしたのは・・・瞑想でした。

『頑張らない魔法の瞑想習慣』

 

<ストレスと戦わない方法>

 

 

 

 

悩み事や心配事、毎日ストレスでいっぱい。

 

もしかして、ストレスと戦っていませんか?

 

 

悩み事って、一体何なのでしょう・・・

 

心配事って、一体何なのでしょう・・・

 

 

悩み事というものは、すでに過ぎ去った過去のことをあれやこれやと考えることから起こってくるんですね。

 

心配事というものは、まだ見てもいない未来のことをあれやこれやと考えることから起こってくるんですね。

 

 

それでは・・・

 

 

過去ってどこにあるのでしょうか?

 

過去って本当にあるのでしょうか?

 

 

未来ってどこにあるのでしょうか?

 

未来って本当にあるのでしょうか?

 

 

実は・・・

 

 

過去も未来も、どちらもただ私の頭の中にあるだけなんですね。

 

単なる私の頭の中だけの世界、つまり単なる想像の世界でしかないというわけなんですね。

 

悩み事も心配事も、実は、私が勝手に自作自演しているものに過ぎないんです。

 

 

ストレスと戦わない方法とは・・・

 

 

まずは、こうした不安や心配というものの「正体」をはっきりと知ること。

 

そして、“いま、この瞬間”に目を向けることです。

 

 

過ぎてしまった過去やまだ見てもいない未来を見過ぎず、今、この瞬間に意識を向けるようにしてみましょう。

 

“いま、この瞬間”に意識を向けることで、悩み事や心配事に苦しめられることは確実に少なくなります。

 

今の自分自身を冷静に見つめることができるようになり、より善い行動をとることができるようになります。

 

 

気軽に、気楽に、ストレスと戦わない。

 

ストレスと戦う必要なんてなくなってしまうんです。

 

 

☆ご意見・ご質問は、どうぞお気軽に。

<手っ取り早い成果なんてありません!>

 

 

 

 

今日は、どんな一日をお過ごしですか?

 

さて、今回はイチロー選手の言葉を紹介させていただきたいと思います。

 

 

『特別なことをするために、特別なことをするのではない。

 

特別なことをするために、普段どおりの当たり前のことをする。』

 

 

これは、いろいろなところで紹介されている言葉なので、もしかするとどこかで聞いたことがあるかもしれませんね。

 

私は、本当にこの一言に尽きるなあと思いました。

 

そして、この一言で随分と気持ちが楽になりました。

 

 

あなたは、この言葉を聞いてどのようにお感じになりましたか?

 

 

ここでは、「瞑想」についてお伝えをしていますが、このイチロー選手の言葉は、どのようなことがらについても共通して言えることです。

 

 

最初から成果を求めないこと。

 

手っ取り早い成果を求めないこと。

 

すぐに成果を得られることなんてありません。

 

 

成果を求めたい気持ちは、とってもとってもとぉーてもよく理解ができます。

 

しかし、はじめから成果を求めるのではなく、まずは「定着」させることから始めてみましょう。

 

今のあなたに無理なくできることをコツコツと実践していくことがとても大切だと思います。

 

 

あなたに飛べるハードルを飛び続けていく。

 

あなたにできることをやり続けていく。

 

 

気持ちを楽にして、そんなところから始めてみましょう。

 

 

☆ご意見・ご質問は、どうぞお気軽に。

 

<ちょっとしたことで見方は変わるもの>

 

前回に続いて、今回も三重県四日市市のゆるキャラ「こにゅうどうくん」の写真です。

 

なんと「こにゅうどうくん」は、『ゆるキャラグランプリ2017』で第4位に輝いたのだそうですよ!

 

さて、このかわいい「こにゅうどうくん」の写真をご覧ください。

 

この写真の中には何色がありますか?よく全体を見てくださいね。

 

 

 

 

さぁ、何色が写っていましたか?

 

あそこに何色、こっちに何色・・・いろいろと頭の中に浮かんだのではないでしょうか。

 

前回は、はじめにこにゅうどうくんの「舌」に注目してくださいとお伝えしましたね。

 

今回は、全体をよく見てくださいとお伝えしました。

 

たったこれだけのことで、あなたが写真を観る「目」が変わったということを体感していただくことができたのではないかと思います。

 

これは、普段の生活でも同じことが言えるのですね。

 

できるだけ客観的にものごとを見ようと“心がける”ことや、日常の生活のひとつひとつに対してできるだけ“意識的になろうとする”ことだけであっても、見方を変えることができるのです。

 

こうした「視点」を持つことや「心がけ」を持つことこそが大切です。

 

とても小さなことだけれども、とても大きな違いを生むのですね。

 

☆ご意見・ご質問は、どうぞお気軽に。

 

<あなたが見ようとしている世界はどんな世界ですか?>

 

突然ですが・・・

 

今から1枚の写真をご覧ください。

 

実は、この写真、今年の節分の豆まきの時に撮影した四日市市のゆるキャラ「こにゅうどうくん」の写真です。

 

かわいいでしょ?

 

「ベーッ」と舌を出している姿がとても愛らしいゆるキャラなのですが、この「こにゅうどうくん」が出している舌の色をよく見ておいてくださいね。

 

それでは、よく写真をご覧ください。

 

 

 

 

 

こにゅうどうくんの舌の色は何色でしたか?

 

赤色ですね。

 

・・・さて、ここからが本題です。

 

写真には、こにゅうどうくんの舌の赤色の他に何色が写っていましたか?

 

覚えていますか?

 

もう一度写真を見直されたのではないでしょうか?

 

「舌の色をよく見ておいてくれって言われたから、他に何色があったかなんて覚えてないよ!」なんて言われそうですね。

 

 

ここです。

 

ここなんですね!

 

 

実は、同じ写真の中には赤色、黄色、緑色、白色、黒色・・・たくさんの色が写っているのですが、特に意識をしていない部分の色ははっきりと覚えていないのです。

 

つまり、見えていても“見えていない”ということなのです。

 

見ようとしていないものは、たとえ「視界」に入っていたとしても、見えていないのと同じだということなのです。

 

逆に言えば、見ようとしなければ見えないということなのですね。

 

感情についても、これと全く同じことが言えます。

 

自分の中にどのような感情があって、どのような思いがあるのか・・・。

 

実際には、常にさまざまな感情が交錯しています。

 

その中から、自分が生きたい人生とはどのようなものなのか、楽しいと感じることはどのようなことなのか・・・。

 

これらの感情を意識的に見ていくようにするといいかと思います。

 

日頃から自分の感覚や感情を意識的に、そしてより丁寧に観察していくことで、さまざまな気づきや学びが得られるようになります。

 

それは、あなたにとって幸せな人生とはどのような人生なのかということを示してくるれるもので、より心豊かな人生を生きることにつながるものであると思います。

☆ご意見・ご質問は、どうぞお気軽に。

<起きた出来事に色付けをしない>

 

 

 

 

人は、誰でも自分の価値観を通してものごとを見ています。

 

理解の違いや意見の違いは、そうしたことから起こります。

 

ある人にとっては腹を抱えるほど面白い出来事であっても、またある人にとっては何が面白いのか全くわからないような出来事だった・・・なんていうこともあるわけですね。

 

こうした事実を踏まえたうえで、起こった出来事にできるだけ色付けをせずに、できるだけ事実を事実としてだけ見るように心がけていくと、より客観的にものごとをとらえることができるようになり、より心穏やかに過ごすことができるようになります。

 

事実を事実としてだけ見た場合、それは快でも不快でもなく、悲しくもなく、腹立たしくもありません。

 

快・不快、好ましい・好ましくないといったようなことは、自分が勝手に色付けをしているに過ぎないからです。

 

今ここに起きた出来事、単なる出来事でしかありません。

 

その出来事をどのような出来事として見るのか・・・それは、あなたがどのような色付けをして、どのような飾りつけをするかにかかっています。

 

それならば、わざわざ自分が苦しくなったり、不快になったりするような色付けをする必要なんてありません。

 

心静かな時間を持つことは、こうした事実に気づかせてくれるばかりでなく、こうした見方ができるような心に育ててくれます。

 

はじめにも書きましたが、人は自分の価値観を通してしか解釈することができないものです。

 

ですから、100%自分の価値観を抜きにして事実を事実としてだけ見るということは非常に難しいことだと言えます。

 

しかし、少しでもそうした姿勢を心がけていくことで、必要のないイライラや余分な悩み事を確実に解消することができます。

 

わざわざ自分を苦しめる必要はないわけですからね。

 

これは、とってもお得な心がけだと私は思っています。

 

☆ご意見・ご質問は、どうぞお気軽に。

 

<相手を受け入れるコツ>

~赤いりんごと青いりんご~

 

 

「りんごは何色をしていますか?」

 

このように聞かれたら、あなたはどのように答えますか?

 

「りんごは赤い色をしているよ。」と答えるのではないかと思います。

 

ところが・・・

 

「緑色」、「黄色」、「黄緑色」

 

という答えもあるかもしれませんよね。

 

なぜなら「青りんご」ということもあり得るからです。

 

もし、あなたが思い浮かべた「りんご」が“青りんご”だったとしたら、りんごは「緑色」、「黄色」、「黄緑色」だと答えていると思います。

 

「りんごは何色をしていますか?」と質問されて「青りんご」を思い浮かべたのですから、あなたにとっての「りんご」は赤くはないわけです。

 

あるいは、あなたが「青りんご」しか知らなかったとしたら、「りんご」と言えば“青りんご”なのであって、「緑色」だったり、「黄色」だったり、「黄緑色」をしていると答えるはずです。

 

りんごが「赤色」をしているというのは、 “たぶん” 他の人もそう思っている“だろう”と思い込んでいるのであって、必ずしも全ての人があなたと同じ理解をしていて、あなたと同じように考えているわけではありません。

 

「赤いりんご」と「青いりんご」に例えてみましたが、身の回りには同じようなことはたくさんあって、何についても言えることがらです。

 

よく考えてみれば、ごく普通のことですよね。

 

「瞑想」というのは、心を観察することです。

 

自身の心を静かに観察していると、自分の考えや自分の思いというのは、自分の頭の中だけで勝手に作り上げている妄想なのだということが改めて理解できるようになります。

 

・・・すると、たとえ他人が私と違った意見や違った見解を持っていたとしても「そのような見方もあるよね」という具合に、とても大らかに受け入れることができるようになります。

 

私の見方が私の妄想で成り立っているのであれば、相手の見方も相手の妄想で成り立っています。

 

お互い様なのですね。

 

自分とは違うけれども、それがその方にとっての“見方”なのですから。

 

このようにちょっとしたことがらに気づくことができるようになると、本当に気持ちが楽になります。

 

今まで許せなかったことであっても、とても穏やかに受け入れることができるようになります。

 

☆ご意見・ご質問は、どうぞお気軽に。

 

<私にできることをやってみよう。>

 

 

『「私には無理だからできない」と考えるのではなく、「私にできることをやってみよう」と考えてみるようにしましょう。』

 

これは、私自身への言葉でもあります。

 

今まで私は、

「私には無理だ」「私にはできない」「私は能力のない人間だ」

と、このように勝手に思い込んでいました。

 

しかし、「自分には無理だから何もできない」「自分にはできないから何もやれない」というのでは、この先の人生も何ひとつ変わることはありません。

 

そのように考えていたのでは、いつまでたってもずっとできない自分のままです。

 

 

人生は、小さな選択の積み重ねです。

 

なにもできない私だけれども、何かできることはないかな・・・?と、考えてみるようにしてみませんか?

 

なんでもいいのです。

 

ほんのほんの小さなことでいいのです。

 

どんなに小さなことでもいいから、ほんの少しのことでもいいから、今の自分にできることから取り組んでいくようにしてみましょう。

 

もしかすると、明日は何も変わっていないのかもしれません。

 

しかし、1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後には少しだけ変わっているはずです。

 

そして、半年後、1年後には自分でも驚くほど大きく変わっているはずです。

 

人生は、小さな選択の積み重ね。

 

 

この記事を読んでくださいましたあなた。

 

今からのあなたは、もう今までのあなたではありません!

 

 

◇私にできることをやってみよう。◇

☆ご意見・ご質問は、どうぞお気軽に。