集中力は育ちます!

<集中力は育ちます!>

 

 

よく気が散ってしまうんです

 

 

集中することができないんです

 

 

あれこれと気になってしまうんです

 

 

 

こんな方って、案外、多いと思うんですね。

 

 

また、大人だけではなくて、子どもさんが落ち着きがなくて困っているんですという方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

 

 

瞑想に取り組むことで、ごく自然なかたちで集中する力を育てていくことができ、こうした問題も無理なく解消できることが期待できます。

 

 

瞑想を実践していく過程で、自然に日常生活に落ち着きがでてきたり、気が散らなくなったり、人によっては集中力が高まったりするといった効果が得られるんです。

 

 

 

 

 

 

瞑想の第一歩は、自分の呼吸へと注意を向けることです。

 

 

私は、一日のうちのどこかで、ほんの少しの時間でも構わないので、呼吸を観る時間や呼吸を整える時間を作っていただくことを推奨しています。

 

 

なぜならば、呼吸を整えることは、自分自身の呼吸そのものへと注意を向けることに他ならないからです。

 

 

すでに、この「呼吸へと注意を向ける」という作業自体が集中力を育てるトレーニングとなっているんです。

 

 

呼吸へと注意を向けたり、自身の感情の動きを観察していくという作業を繰り返し繰り返し実践していく・・・その結果、集中力も養われてくるというわけなんですね。

 

 

あれやこれやと気にならなくなったり、物事がスムーズに進むようになったり、もちろん仕事のパフォーマンスアップへとつながったりもします。

 

 

 

瞑想を実践していくことで、さまざまな善い副産物が得られるのです。

 

 

 

ですから、どんなに小さなことでもいいので、どんなに簡単なことでもいいので、無理なく自然に継続できることで、瞑想につながるようなことを毎日毎日続けていただくようおススメいたします。

 

 

 

集中力は育ちます。

 

 

集中力は養うことができます。

 

 

さらにさまざまなことが変わり始めます。

 

 

そんな変化を楽しむことができるようにもなります。

 

 

 

『頑張らない魔法の瞑想習慣』

 

こころおだやかな瞑想のブログです。

 

こちらのブログもよろしくお願いいたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です