相手を受け入れるコツ

<相手を受け入れるコツ>

~赤いりんごと青いりんご~

 

 

「りんごは何色をしていますか?」

 

このように聞かれたら、あなたはどのように答えますか?

 

「りんごは赤い色をしているよ。」と答えるのではないかと思います。

 

ところが・・・

 

「緑色」、「黄色」、「黄緑色」

 

という答えもあるかもしれませんよね。

 

なぜなら「青りんご」ということもあり得るからです。

 

もし、あなたが思い浮かべた「りんご」が“青りんご”だったとしたら、りんごは「緑色」、「黄色」、「黄緑色」だと答えていると思います。

 

「りんごは何色をしていますか?」と質問されて「青りんご」を思い浮かべたのですから、あなたにとっての「りんご」は赤くはないわけです。

 

あるいは、あなたが「青りんご」しか知らなかったとしたら、「りんご」と言えば“青りんご”なのであって、「緑色」だったり、「黄色」だったり、「黄緑色」をしていると答えるはずです。

 

りんごが「赤色」をしているというのは、 “たぶん” 他の人もそう思っている“だろう”と思い込んでいるのであって、必ずしも全ての人があなたと同じ理解をしていて、あなたと同じように考えているわけではありません。

 

「赤いりんご」と「青いりんご」に例えてみましたが、身の回りには同じようなことはたくさんあって、何についても言えることがらです。

 

よく考えてみれば、ごく普通のことですよね。

 

「瞑想」というのは、心を観察することです。

 

自身の心を静かに観察していると、自分の考えや自分の思いというのは、自分の頭の中だけで勝手に作り上げている妄想なのだということが改めて理解できるようになります。

 

・・・すると、たとえ他人が私と違った意見や違った見解を持っていたとしても「そのような見方もあるよね」という具合に、とても大らかに受け入れることができるようになります。

 

私の見方が私の妄想で成り立っているのであれば、相手の見方も相手の妄想で成り立っています。

 

お互い様なのですね。

 

自分とは違うけれども、それがその方にとっての“見方”なのですから。

 

このようにちょっとしたことがらに気づくことができるようになると、本当に気持ちが楽になります。

 

今まで許せなかったことであっても、とても穏やかに受け入れることができるようになります。

 

☆ご意見・ご質問は、どうぞお気軽に。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です