平常心ってどうやって保つ?

<平常心ってどうやって保つ?>

 

 

 

「平常心を保ちなさい」なんていうことを聞いたことがありますよね?

 

私は、「気づき」を保って生きることに努めなさいよっていうことだと思っています。

 

気づきを保ちながら生きることができれば、周囲に左右されることが少なくなります。

 

 

「気づき」って何をすることなんですか?

 

「自己を観察する」ってどういうことなんでしょうか?

 

そのようなご質問をよくいただきます。

 

 

「気づき」のある状態とは、“今ここにある”こと、つまり今の自分の行為・行動を“よく知っている”状態のことです。

 

もし、わかりにくければ、自分の行為・行動を「観察する」、「認識する」、「意識する」と言い換えてみるとわかりやすいのではないかと思います。

(まずはそのように理解した方がわかりやすいかと思います。)

 

 

人間は、自分が考えている以上に周囲の「環境」から影響を受けています。

 

結構、左右されているよっていうことですね。

 

しかし、どんなに周囲の環境が騒がしくても、冷静に自己の心を観察して、洞察していくことで、周囲の環境の騒がしさに巻き込まれてしまうことを防ぐことができます。

 

いつも自分の心を観察して、いつも自分の心を洞察していくことで、いつも冷静な心を保っていくことが可能になります。

 

自分の心を観察して、自分の心を洞察していると、騒がしくて忙しい周囲の世界も、とても穏やかに観ていくことができるようになります。

 

ほんの少しでも周囲を穏やかに観ることができればそれは大きな前進です。

 

周囲を見るのは、他の誰でもなくてあなた自身の心ですからね。

 

明るく、穏やかに過ごしていきましょう!

 

☆ご意見・ご質問は、どうぞお気軽に。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です